EDを治すなら治療薬。くすりを買うならレビトラ通販!   >   EDと現代社会

EDと現代社会

ストレスな男性

EDと聞くと高齢と共に高まる確率が高い障害であると考えがちですが、実は若い方も成り得る可能性があるのです。それは現代社会の生活習慣と深い関係性があり、男性にとっては人ごとと言えないその要因を捉えてみましょう。

ED(Erectile Dysfunction)は勃起しない状態や、勃起状態を維持できず満足に性行為を行えない状態を指します。自分の意思に反してすぐに勃起しなかったり、性行為途中で中折れしたり、性行為の満足度が低い場合でこれらの症状がEDと診断されます。現在日本の潜在的な患者数は1130万人に上るといわれており、EDは一般的な病気・疾患として認識されています。非常に身近な症状といえます。日本人のEDの有病率は加齢とともに増加し40歳前半で20%を超えます。50歳代後半で40%を超え、65歳以上では60%を超えます。70歳代では70%以上にも達します。

EDには大きく分けて、器質性EDと心因性EDの2種類があります。それぞれ原因が異なるため、EDの予防や改善を考える際にはどちらがどのような原因で発生するのかを知っておくことが大切です。

器質性EDは、身体機能の低下が原因で発生します。そのため、予防するためには生活習慣を改善し、健康的な生活を送ることが大切です。器質性EDの原因になりえる病気も予防することができます。

心因性のEDを予防するためには、原因となる精神的な負担を軽減することが重要です。不安に思っていることや負担に感じること、過去のトラウマなど、心因性EDの原因になりえるものを解消していくことでEDのリスクを低下させます。

以上の事から現代社会の特徴である『食生活』や『ストレス』がEDと深い関係にあることはお解りいただけたでしょうか?自分に無理のない食生活の見直しと共に、ストレスの突破口となる事柄を見つけてED予防に尽くしてみてはいかがでしょう。