EDを治すなら治療薬。くすりを買うならレビトラ通販!   >   治療薬「レビトラ」の特徴

治療薬「レビトラ」の特徴

空と横顔

第二のED治療薬として人気を得ている「レビトラ」ですが、その理由としては、他の治療薬にはないある特徴であるといえるでしょう。その効果効能から副作用に至るまで、「レビトラ」の特徴を解説しましょう。

レビトラ錠(LEVITRA)はバイアグラの登場に続きドイツ・バイエル社から発売されたED治療薬です。その名称はフランス語の le 、ラテン語で生命を意味する vitra に由来しています。現在世界100ヶ国近くで発売されている実績があります。日本ではバイエル薬品(株)より2004年6月から発売されました。

レビトラもバイアグラと同じくPDE-5という酵素の働きを抑えることにより勃起を促します。レビトラはバイアグラと比較して即効性(服用後およそ15分)があり、持続時間も5時間〜10時間程度と長く、比較的食事による影響を受けにくいED治療薬です。また、バイアグラで効果が出なかった方や糖尿病、前立腺ガンの治療後の方でも効果が見られるという発表がされています。

用法及び用量については、成人は1日1回1錠(5mg〜20mg)を性行為の約1時間前に服用します。食後の服用でも効果は現れますが飲み過ぎ食べ過ぎにより効きにくくなる場合があります。空腹時に服用することをお勧めします。

レビトラの副作用は、レビトラの効果が現れると同時に多くの方が「顔のほてり」を感じます。これは血管を広げる作用によるものであり効果の現れた証拠でもあります。 その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」「不快感」や光に過敏になり色が変化して見えたりする「視覚異常」などがありますが、4〜6時間で症状が収まるようであればあまり気にする必要はありません。以上の事から、レビトラの効果を存分に発揮させるには、用法用量を守り服用する必要があります。